劇団 新人類人猿 on Blog  

制作部(金沢)が新人類人猿・演劇身体塾の活動などをご報告。
公式web sitewebのP・スペースも宜しくお願い致します。
ご予約・制作部へのお問い合わせはこちらの記事より送信下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【劇団新人類人猿について】

『連続する静止画』、『イメージの演劇』
 --------------------------- 


劇団新人類人猿とは

1986年金沢市で設立。同年、明治40年に建てられた銀行跡、町民文化館にて『千年の夏』(作:太田省吾)を上演し旗揚げ。
1990年、稽古場兼劇場として拠点となる《P・SPACE》を開設し、床一面に水を張った〈水の劇場〉、舞台上を砂で覆った〈砂の劇場〉など数々の印象的シーンを生み出す。

野外劇や移動劇、音楽とのセッションやダンスとのコラボレーションなど演劇の多様な可能性を模索する中で、空間や場所の持つ力と俳優の身体とが激しくぶつかり合うことで生まれる関係性を重要視。

台詞を極力減らすことで〈台詞として語られる物語に依存せず〉、物語性を視覚言語として俳優と舞台に内包させることで〈舞台上にイメージを描き出す〉という独自のスタイルに至る。



1994年、床一面に張られた水が「鏡花世界の沼に見えた」と形容された『KYO-KA -この夏の異郷-』を東京ベニサンピットで上演。

以降は石川県のみに留まらず、1995年名古屋公演、1999年「日・チェコ国際共同藝術展」(プラハ)、「仙台演劇祭」、2001年「マージナル・シアター・フェスティバルin SENDAI」、2003年「ハイナー・ミュラー/ザ・ワールド」(東京)などに参加。
2004年からの充電期間を経て、2008年『プラスチックローズ』(作:太田省吾)にて活動再開。同年より3年間の長期ワークショップ演劇身体塾を始動。
2012年には東日本大震災をテーマとした『制御不能』を滋賀にて上演。

2013年~2016年金沢市で「太田省吾フェスティバル」を企画上演。


これまでに上演した作品は、稽古場でのエチュードから生み出された「シーン」を構成し作品化するオリジナルの他、太田省吾、サミュエル・ベケット、芥川龍之介、岡本章、マーティン・シャーマン、岸田理生、泉鏡花、ハイナー・ミュラーなど。



 ***************************
活動履歴はこちら
スポンサーサイト

テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

  1. 2036/08/03(日) 19:00:00|
  2. 類人猿
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『REPT』舞台写真追加公開

先日上演致しました『REPT』の舞台写真が届きましたので追加として一部ですが公開させていただきます。

合計160カット弱ありましたので、掲載できなかった分も含め、Youtubeにてスライドショウという形で公開を予定しております。
アップロードが完了しましたらTwitterにてご報告いたします。

rept-nod01005.jpg rept-nod01007.jpg rept-nod04044.jpg rept-nod05073.jpg rept-nod09132.jpg rept-nod10136.jpg


■撮影:野田啓(N.O.D)
-----------------------
劇団新人類人猿『REPT』

2017.9.16-18
金沢21世紀美術館 シアター21

■出演
今井淑恵
山下大輔
茶谷幸也
中川誠
大竹琴子
木村日菜乃

■演出 若山知良
■照明 宮向隆
■音響 中山聡子
■舞台監督 ta96  
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

  1. 2017/10/05(木) 22:12:57|
  2. 類人猿
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『REPT』公演終了の御礼

金沢21世紀美術館 芸術交流共催事業として上演致しました『REPT』、全公演無事終了いたしました。

県内外から多くのお客様にご来場頂き、誠にありがとうございました。
様々な声をお寄せ頂きましたこと、御礼申し上げます。
また、この作品を県外へなどという声もいくつか頂き、次の展開ということも検討しております。

年1作品のペースで上演しておりますが、来年なにを上演するか、時期はいつなのか、現段階ではすべて未定となっております。
決まり次第、TwitterやBlogにてご報告させて頂きます。
今後とも、ご支援のほどよろしくお願い致します。

今公演、上演中の写真撮影などをお断りしたこともあり、舞台写真は初日前日に行ったゲネプロのものとなりますが、新人類人猿を長年撮り続けて頂いているフォトグラファーの野田啓氏より先行して送られてまいりましたので、何点か公開させていただきたいと思います。
rept001.jpg rept002.jpg rept003.jpg

rept004.jpg rept005.jpg rept006.jpg

rept007.jpg rept008.jpg

rept009.jpg rept010.jpg rept011.jpg rept012.jpg

rept013.jpg rept014.jpg rept015.jpg rept016.jpg

rept017.jpg

rept018.jpg rept019.jpg rept020.jpg

rept021.jpg rept022.jpg rept023.jpg

rept024.jpg

rept025.jpg rept026.jpg rept027.jpg
■撮影:野田啓(N.O.D)

-----------------------
劇団新人類人猿『REPT』

2017.9.16-18
金沢21世紀美術館 シアター21

■出演
今井淑恵
山下大輔
茶谷幸也
中川誠
大竹琴子
木村日菜乃

■演出 若山知良
■照明 宮向隆
■音響 中山聡子
■舞台監督 ta96 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

  1. 2017/09/22(金) 15:21:14|
  2. 類人猿
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『REPT』駐車場のご案内

『REPT』にご来場頂くお客様へ駐車場のご案内をさせて頂きます。

公演期間中は連休と重なることもあり、周辺含め駐車場の混雑も予想されます。
館地下駐車場の他、周辺コインパーキングを簡易にまとめました。

画像をクリックすると拡大版がご覧頂けます。
美術館周辺駐車場

金沢市役所・美術館駐車場
  →美術館と市役所の間の通りにございます。
 駐車台数:322台

8:30~23:00(23:00~翌8:30は入出庫不可)
基本料金:30分350円
時間料金:以後30分毎に150円
※館内にて基本料金割引処理を受けた場合、基本料金350円はかかりません。駐車券割引認証機は総合案内と地下入口にございます。

柿木畠エリア駐車場

P1
ミニッツパーク24h 柿木畠第1
  →石川県金沢市柿木畠4-9
 駐車台数:31台

終日【土・日・祝】
 30分/100円

P2
ミニッツパーク24h 柿木畠第2
  →石川県金沢市柿木畠5-8
 駐車台数:27台

終日【土・日・祝】
 60分/100円(12時間最大 800円

P3
NPC24H金沢市役所南パーキング
  →石川県金沢市柿木畠5-9
 駐車台数:44台

終日【土・日・祝】
 60分/200円(12時間毎最大 1000円

P4
NPC24H金沢市役所南第2パーキング
  →石川県金沢市柿木畠5-10
 駐車台数:13台

終日【土・日・祝】
 60分/200円
12時間まで最大 900円 24時間毎最大 1200円

P5
名鉄協商P 金沢柿木畠第2
  →石川県金沢市柿木畠4-3
 駐車台数:20台

8:00~20:00【土・日・祝】
 60分/200円(最大 1500円
20:00~8:00
 60分/200円(最大 600円

P6
名鉄協商P 金沢柿木畠第3
  →石川県金沢市柿木畠2-6
 駐車台数:8台

8:00~19:00【土・日・祝】
 60分/200円(最大 900円
19:00~8:00
 30分/100円(最大 500円

P7
名鉄協商P 金沢柿木畠
  →石川県金沢市柿木畠2-5
 駐車台数:22台

8:00~19:00【土・日・祝】
 60分/200円(最大 900円
19:00~8:00
 30分/100円(最大 500円

本多町エリア駐車場

P8
大和あんしんパーキング歌劇座
  →石川県金沢市広坂1丁目9-17
 駐車台数:3台

8:00~18:00【土・日・祝】
 20分/100円
18:00~8:00【土・日・祝】
 60分/100円

P9
パークステーション坂井
  →石川県金沢市広坂1丁目9-17
 駐車台数:5台

8:00~22:00
 30分/100円
22:00~8:00
 60分/100円 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

  1. 2017/09/07(木) 16:42:36|
  2. 類人猿
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワークショップ終了。

『出演者と一緒になって
 作品の一部を体験・体感してみる3日間』

無事終了いたしました。

ご参加頂きました皆様まことにありがとうございます。
実質5時間のワークショップとは思えないものが作れたのではないかと思っております。

このワークショップを通じて、楽しんで頂くことはもちろん、新人類人猿の作品の製作過程や、『REPT』がどのような背景で作られているか感じて頂けていれば幸いです。

そして、我々も参加された皆様を通しての再発見、そして、直接ふれあい、お話する時間にもなり、大変刺激を頂きました。
重ねてになりますが、ご参加頂き本当にありがとうございました。

2017WS1.1 2017WS1.2

2017WS1.3 2017WS1.4

2017WS2.1 2017WS2.2

2017WS2.3

そして、『REPT』公演まで一ヶ月を切りました。
今回、ワークショップで用いたシーンが本編ではどういう形になっているのか、そして全容はどうなっているのか…

ワークショップは何も仕込まない素舞台で行いましたが、空間自体も手を加えます。
空間に、そして宮沢賢治の『春と修羅』を背景とした作品『REPT』にぜひ出会ってください。

公演会場にてお待ち致しております。

2017omote 2017ura
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

  1. 2017/08/18(金) 16:10:03|
  2. 類人猿
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

劇団新人類人猿 (金沢市)

Author:劇団新人類人猿 (金沢市)
webのP・スペース共々宜しくお願い致します。

リンクを貼って頂ける皆様へ
リンク先は当blogでも構いませんが
出来ましたら
公式web siteを貼って頂けますようお願い致します。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

category

類人猿 (51)
身体塾 (10)
県外の公演情報 (5)
Tweet (2)
制作さん (2)

On Twitter

↑tweetして頂けると嬉しいです。
読込が長引いて申し訳ありません。

検索フォーム

リンク

■ 県外の演劇 ■
■ 北陸の演劇 ■
■ その他 ■

リンクの申請はこちらのフォームからお願いいたします。
※掲載は地域順・50音順です。
クリックすると開閉します。
(■→*→)

RSSリーダー

facebookからの情報が文字化けしており申し訳ございません。

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも一覧

OM-2日誌

この人とブロともになる

RSS & Bookmark


↑登録にお使い下さい

QRコード

copyright © 2017 劇団新人類人猿 all rights reserved.

Powered by FC2ブログ.

モバイルデータ端末
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。