劇団 新人類人猿 on Blog  

制作部(金沢)が新人類人猿・演劇身体塾の活動などをご報告。
公式web sitewebのP・スペースも宜しくお願い致します。
ご予約・制作部へのお問い合わせはこちらの記事より送信下さい。

太田省吾TRIBUTE 終了のご案内

太田省吾フェス『太田省吾TRIBUTE』が閉幕し約2週間と大変遅くなってしまいましたが、ご来場頂きましたお客様に心より御礼申し上げます。

来年、金沢での太田省吾フェスはお休みさせて頂く予定でおりますが、また違う形での太田省吾フェスをお届けできればと思っております。
そして、このフェスを介して生まれた、参加団体・お客様の出会いが何かの形で発展していけば幸いです。

Tri-G1Tri-H1
Tri-R1Tri-B1

画像はスライドショーとしてアップしております。
新人類人猿youtube公式チャンネル
太田省吾TRIBUTE 『歪んだ肖像』(5:06)

太田省吾TRIBUTE 『歪んだ肖像』Short Ver.(3:15)



お言葉を幾つかお寄せいただきましたので一部抜粋とリンクの掲載をさせて頂きます。

●企画全体の劇評
腕時計の秒針が動く音さえ聞こえるほどの、沈黙があった。その状態を制御できるのは、舞台上の演者だけだった。いや、観客もその空間を体中で支えていた。金沢芸術村ドラマ工房とアート工房に満ちた沈黙、それが『太田省吾TRIBUTE』そのものだった。(続く)
全文はこちら⇒ FacebookPage『Theater Critics of Ishikawa』大場さやか
  (原典 note/大場さやか


●Aプログラム感想
昨日「太田省吾TRIBUTE」と題された三本の短編を観た。表現者の年齢とすれば老いも若きも寄ってたかって太田省吾さんのホンに挑み、味わい尽くすという試み。金沢の新人類人猿という劇団が催した、ささやかな、そして立派な演劇フェスです。四本用意されている作品の内、仕事の都合で自分はそのうちの三本までしか観劇がかなわず、ここでその全体像を把握できないのに口に挙げてしまうのはいかがなものかという気もするのですが。(中略)
色々と、捨てたものではないなと、思うことができました。
全文はこちら⇒ blog『こわれたおもちゃをだきあげて』 高田伸一
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

  1. 2016/09/20(火) 16:33:29|
  2. 類人猿
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ワークショップ開催のお知らせ | ホーム | 『太田省吾TRIBUTE』お帰りの際の交通手段など>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://psfin.blog33.fc2.com/tb.php/64-da268a35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

劇団新人類人猿 (金沢市)

Author:劇団新人類人猿 (金沢市)
webのP・スペース共々宜しくお願い致します。

リンクを貼って頂ける皆様へ
リンク先は当blogでも構いませんが
出来ましたら
公式web siteを貼って頂けますようお願い致します。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

category

類人猿 (48)
身体塾 (10)
県外の公演情報 (5)
Tweet (2)
制作さん (2)

On Twitter

↑tweetして頂けると嬉しいです。
読込が長引いて申し訳ありません。

検索フォーム

リンク

■ 県外の演劇 ■
■ 北陸の演劇 ■
■ その他 ■

リンクの申請はこちらのフォームからお願いいたします。
※掲載は地域順・50音順です。
クリックすると開閉します。
(■→*→)

RSSリーダー

facebookからの情報が文字化けしており申し訳ございません。

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも一覧

OM-2日誌

この人とブロともになる

RSS & Bookmark


↑登録にお使い下さい

QRコード

copyright © 2017 劇団新人類人猿 all rights reserved.

Powered by FC2ブログ.

モバイルデータ端末