劇団 新人類人猿 on Blog  

制作部(金沢)が新人類人猿・演劇身体塾の活動などをご報告。
公式web sitewebのP・スペースも宜しくお願い致します。
ご予約・制作部へのお問い合わせはこちらの記事より送信下さい。

【劇団新人類人猿について】

『連続する静止画』、『イメージの演劇』
 --------------------------- 


劇団新人類人猿とは

1986年金沢市で設立。同年、明治40年に建てられた銀行跡、町民文化館にて『千年の夏』(作:太田省吾)を上演し旗揚げ。
1990年、稽古場兼劇場として拠点となる《P・SPACE》を開設し、床一面に水を張った〈水の劇場〉、舞台上を砂で覆った〈砂の劇場〉など数々の印象的シーンを生み出す。

野外劇や移動劇、音楽とのセッションやダンスとのコラボレーションなど演劇の多様な可能性を模索する中で、空間や場所の持つ力と俳優の身体とが激しくぶつかり合うことで生まれる関係性を重要視。

台詞を極力減らすことで〈台詞として語られる物語に依存せず〉、物語性を視覚言語として俳優と舞台に内包させることで〈舞台上にイメージを描き出す〉という独自のスタイルに至る。



1994年、床一面に張られた水が「鏡花世界の沼に見えた」と形容された『KYO-KA -この夏の異郷-』を東京ベニサンピットで上演。

以降は石川県のみに留まらず、1995年名古屋公演、1999年「日・チェコ国際共同藝術展」(プラハ)、「仙台演劇祭」、2001年「マージナル・シアター・フェスティバルin SENDAI」、2003年「ハイナー・ミュラー/ザ・ワールド」(東京)などに参加。
2004年からの充電期間を経て、2008年『プラスチックローズ』(作:太田省吾)にて活動再開。同年より3年間の長期ワークショップ演劇身体塾を始動。
2012年には東日本大震災をテーマとした『制御不能』を滋賀にて上演。

2013年~2016年金沢市で「太田省吾フェスティバル」を企画上演。


これまでに上演した作品は、稽古場でのエチュードから生み出された「シーン」を構成し作品化するオリジナルの他、太田省吾、サミュエル・ベケット、芥川龍之介、岡本章、マーティン・シャーマン、岸田理生、泉鏡花、ハイナー・ミュラーなど。



 ***************************
活動履歴はこちら

テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

  1. 2036/08/03(日) 19:00:00|
  2. 類人猿
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム | 『REPT』舞台写真追加公開>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://psfin.blog33.fc2.com/tb.php/71-f1162798
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

劇団新人類人猿 (金沢市)

Author:劇団新人類人猿 (金沢市)
webのP・スペース共々宜しくお願い致します。

リンクを貼って頂ける皆様へ
リンク先は当blogでも構いませんが
出来ましたら
公式web siteを貼って頂けますようお願い致します。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

category

類人猿 (51)
身体塾 (10)
県外の公演情報 (5)
Tweet (2)
制作さん (2)

On Twitter

↑tweetして頂けると嬉しいです。
読込が長引いて申し訳ありません。

検索フォーム

リンク

■ 県外の演劇 ■
■ 北陸の演劇 ■
■ その他 ■

リンクの申請はこちらのフォームからお願いいたします。
※掲載は地域順・50音順です。
クリックすると開閉します。
(■→*→)

RSSリーダー

facebookからの情報が文字化けしており申し訳ございません。

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも一覧

OM-2日誌

この人とブロともになる

RSS & Bookmark


↑登録にお使い下さい

QRコード

copyright © 2017 劇団新人類人猿 all rights reserved.

Powered by FC2ブログ.

モバイルデータ端末