劇団 新人類人猿 on Blog  

制作部(金沢)が新人類人猿・演劇身体塾の活動などをご報告。
公式web sitewebのP・スペースも宜しくお願い致します。
ご予約・制作部へのお問い合わせはこちらの記事より送信下さい。

WS4日目5日目記事を発行しました。

ワークショップ4日目と5日目の内容を、劇団所属記者が今回も記事に致しました。

少し文章が長くなっておりますが、宜しければご覧頂けると幸いです。
類人猿新聞4-1  類人猿新聞4-2

残り2日の日程は、6月5日(月)、6月6日(火) 19時より金沢市民芸術村 里山の家にて。
新規参加の方には、これまでの内容も含め、対応させていただきます。



-参考 記事全文-
 劇団新人類人猿による演劇ワークショップは2、3の2日間、金沢市民芸術村「里山の家」で行われた。参加者は、柱に触れることで表現する「モノとヒトとの関係性」や、身体の形(フォルム)のつくり方を体験。他者が発する言葉(音)に対応し、いかに自分が吐く言葉を変化させていけるかなども訓練した。

 2日は、これまでの3日間(5月20、24、28日)に取り組んだ極めて遅い速度の歩行や、いすに座るエチュード(即興劇)の内容を確認。続いて、柱にゆっくりと触れたり、バランスを崩して素早く抱きつくような体勢になったりするフォルムを取りながら、「柱と自分」との関係性のあり方を探った。若山知良代表ら劇団スタッフは「表情など必要のないものはできるだけ省く」「柱から視線を外すことで違った関係性が見えてくる」「速く動いた後、しっかりと止まりを入れる」「じわりと動く中に、その人の内側の表現が見えてくる」などとアドバイス。参加者は指摘されたことを意識しながら、次第に感覚を掴んでいった。

 身体を硬質なマネキンのフォルムにするメニューでは、参加者は互いがそれぞれ身体の一部を接した状態で、キレ良く動いて止まる動作に取り組んだ。▽互いの身体で支点を取る▽互いの接地面積を小さくする▽点(支点)から点へ最短距離で移動する▽相手の力を利用した反動で点から点へ動く—といったポイントを踏まえ、何度も繰り返した。

 手と手を沿わせ一定の距離を保った状態で動かすコミュニケーションの取り方も体験した。ペアになった参加者は、相手の目を見ること、やわらかく動かすことを意識して挑んだ。距離を保ちつつ、会話をするように手を沿わせ合うなかで、どちらが主導権を握ってアクションを起こすのかといった駆け引きや、二人の身体の形がどう見えるかも考えながら関係性を作り出していた。

 3日は、言葉を中心にメニューが組まれた。相手に言葉をかけるのではなく、モノトーンで強く出すことを意識して、極めて遅い速度で歩きながら行った。

 その後、劇作家・演出家の故太田省吾さんの戯曲などからランダムに抽出されたセリフを用いて、相手の発する音にどのように反応し、自らが音を発することができるかに挑戦した。参加者は「中途半端な感情表現はしない」「自分が発する言葉を等質にしない」「変化することで相手の言葉も変る」「会話ではない妙な間をつくる」などのアドバイスを受けていた。最後に、柱につかまったり、もたれたりするクイックに動くフォルムを取りながら、同様に言葉を吐くこともした。

  次回ワークショップは5日に開催、6日が最終日となる。途中からの受講も可能で、新たに参加する人には、これまでの内容を含め都度対応するとのこと。いずれも金沢市民芸術村「里山の家」で午後7時から。 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

  1. 2017/06/04(日) 20:08:50|
  2. 類人猿
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WS3日目記事を発行しました。

ワークショップ3日目の内容を、劇団所属記者が今回も記事に致しました。

類人猿新聞3


-参考 記事全文-
 劇団新人類人猿による第3回の演劇ワークショップは5月28日、金沢市民芸術村「アート工房」で行われた。参加した受講者は、「ヒト」や「モノ」との関係性を構築する表現アプローチに取り組んだ。

 はじめに参加者は、多方向から飛んできた物体を避けるイメージを持って、身体を動かすメニューを行った。肩幅程に両足を開いた状態で立ち、力を入れずにぐにゃぐにゃと動くことを念頭に挑戦。次第にスピードを遅くしていったり、二人が向き合って互いが出した手をかわす動作へと変化させたりした。

 その後、イーゼルに触れたり、イーゼルを動かしたりしながら、極めてゆっくりと動く行為に挑戦。いかに見る側の想像力を掻き立てることができるかを意識して、自由に身体を動かしていた。

 最後に「え」という言葉だけでコミュニケーションをとる訓練を行った。二人が正面を向いて座った状態で、互いの発する音にどのように反応し、関係性を構築していけるかを探った。
 三人が背中合せで座り、同様に「え」という言葉だけでコミュニケーションを取ることもした。音を出す人は誰に向かって発しているのかなどを意識しながら、取り組んでいた。

 この先のワークショップは6月2日、3日、5日、6日の4回。金沢市民芸術村「里山の家」で午後7時から行われる。

(発行が遅れましたこと心よりお詫びいたします) 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

  1. 2017/06/02(金) 17:06:26|
  2. 類人猿
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WS2日目の記事更新。-3日目は28日-

ワークショップ2日目の内容を、劇団所属記者が今回も記事に致しました。

創刊準備2号

次回は、本日5月28日(日) 19時より金沢市民芸術村 Pit5 アート工房にて。
その後は、6月2、3、5、6日に行います。
継続参加に限らず1回限りの参加も引き続き受け付けております。




-参考 記事全文-
 劇団新人類人猿(若山知良代表)は24日、金沢市民芸術村「里山の家」でワークショップ2日目を開催、ゆっくりとコップをつかんだり、感情を込めて新聞を読むという課題に挑戦した。

 最初に受講者は、イスの座面に置かれたコーヒーカップを手に取り、3分程かけて仮定された中身を飲む行為に取り組んだ。若山氏は「今やったことは、想いや感情のようなもの。ゆっくりであればあるほど、見る側に考える時間が生まれる」と説明し、「スピードの違いや止まる動作があるとおもしろいのでは」とアドバイス。引き続き、コーヒーカップをグラスに代え、時間を5分に延ばして挑戦。

 一連の動作を見終わった若山氏は「動きで説明しすぎていた。コップを取る、飲み干すことで、いかに内面を表現できるかが大切」と指摘。「こうした行為はもう一度、日常を検証する意味もある。(コップに)手から行くのか、顔から行くのかの違いでも、見え方が変わる」と説明し、参加者は真剣な表情で聞き入っていた。

 新聞を読む課題では、受講者は泣いたり、笑ったりといった感情を表現することにチャレンジした。普通に読むのではなく、いかに誇張した感情を出せるかに焦点を当てて、試行錯誤しながら取り組んだ。

 受講者は、紙面の中からそれぞれ社会面やコラム、テレビ欄、広告文などを取り上げ、泣き笑いや、怒り、怯えなどの感情を交えながら読んだ。

 テレビ欄を泣き笑いで読んだ参加者に対し、若山氏は「もう一つ突き抜けるといい。針が振り切れるくらいに」と、より極端な感情表出を要求した。

 このほか、若山氏はガスコンロの発火に関する記事を笑いながら読んだ受講者に「陰湿な笑いをもっと極端に出せたらどうなるか。ある種の狂気を見せることができる」と話した。

 時間を制限せずに、各自が3回ずつ読んだ。大学入試制度改革議論の記事を読んだ受講者は「本当に伝えたいと思ったら、涙が出てきた。結果、自分に酔ってしまった」と振り返った。若山氏は「泣きを表に出さない感情が大切。泣かないようにするために、こらえる。泣きを見せることは笑わせること」と応じていた。

 次のワークショップは28日、金沢市民芸術村「アート工房」で行われる。途中からの受講も可能で、年齢制限はない。午後7時から。 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

  1. 2017/05/27(土) 20:47:26|
  2. 類人猿
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WS1日目の模様が記事となりました -2日目は24日-

ワークショップ初日の内容を、劇団所属記者が記録を兼ねて遊び心で記事に致しました。

創刊準備号

次回は、本日5月24日(水) 19時より金沢市民芸術村 里山の家にて。その後は、5月28日、6月2、3、5、6日に行います。
7回連続や継続参加に限らず1回限りの参加も可能です。今後の演劇活動のプラスになると思いますので、興味を持たれましたら足をお運び下さい。




-参考 記事全文-
 劇団新人類人猿による演劇ワークショップは20日、金沢市民芸術村アート工房で行われ、受講者は極めてゆっくりのスピードで歩行したり、座ったりする動作を体験した。

 はじめに、劇団の若山知良代表が旗揚げから30年以上が経過した同劇団の演劇スタイルなどを紹介した。身体で表現することを研究してみようと、次第に言葉を削いでいき、現在の方向へシフトしていった経緯を説明。いわゆるストレートプレイ(会話劇)ではないやり方でシーンを構築し、モノローグ的な言葉などを織り交ぜながら、身体に基軸を置いた作品づくりに取り組んでいると話した。「身体に語らせる」ことで、観客の感受性を刺激するとも述べた。

 その後、ワークショップ参加者は、団員らの手本を見ながら、極めて遅いスピードで歩く動きを練習した。最初、力を抜いた状態で直立した姿勢からスタート。遠くに視線を定めて、足を振り子のように一定のリズムで動かすことや、止まることなく腰が常に移動することを意識しながら、動作を繰り返した。

 続いて、ゆっくり座るというエチュード(即興劇)を体験。団員らと男女のペアを組み、歩行してイスに座るまでの動作を行った。
 ゆっくりと目線を移動する動作もエチュードを交えながら、実践した。黒目を真ん中に据えた状態で、顔を左右や上下に動かすポイントを学んだ。

 最後に、見えない糸を引っ張る時の形(フォルム)を体験。重心の移動や、腰の使い方、肘・手首の角度、肩の位置などによって、力強く表現できるポイントを教わっていた。

 同劇団のワークショップは今月20、24、28日、6月2、3、5、6日の計7回行われる。次回は金沢市民芸術村「里山の家」で午後7時から。 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

  1. 2017/05/24(水) 15:50:50|
  2. 類人猿
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワークショップ開催のお知らせ

9月21世紀美術館公演『REPT』上演に伴う作品の世界観を体験して頂くワークショップは夏に開催予定ですが、我々、新人類人猿のオリジナルメソッドを中心とした表現技術を共有するワークショップを開催する運びとなりました。

テーマは
『「表現する」存在から「表現を生み出す」存在へ』
『基礎を意識することでカタチとしての表現に変える』
これまで舞台上で行っていた行為や演技が、表現としての力を増し輝き出す。
今回のワークショップは、全日程を演出の若山がメインとなり進めて参ります。
技術メインですが、どのステージで活動されている方でも何らかの発見がある
そのような内容にしたいと考えております。

開催時間を考えると高校生の方は難しいかもしれませんが、俳優・これから俳優を志す方、多くの若い方とご一緒できればと思っております。

5月
・20(土) Pit5 アート工房
・24(木) 里山の家
・28(日) Pit5 アート工房
6月
・2(金) 里山の家
・3(土) 里山の家
・5(月) 里山の家
・6(火) 里山の家

@金沢市民芸術村

時間 : 19時〜22時 

1回¥500(7回一括¥2500)

経験・年齢一切不問です。

wshops
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

  1. 2017/05/10(水) 23:55:00|
  2. 類人猿
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

劇団新人類人猿 (金沢市)

Author:劇団新人類人猿 (金沢市)
webのP・スペース共々宜しくお願い致します。

リンクを貼って頂ける皆様へ
リンク先は当blogでも構いませんが
出来ましたら
公式web siteを貼って頂けますようお願い致します。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

category

類人猿 (48)
身体塾 (10)
県外の公演情報 (5)
Tweet (2)
制作さん (2)

On Twitter

↑tweetして頂けると嬉しいです。
読込が長引いて申し訳ありません。

検索フォーム

リンク

■ 県外の演劇 ■
■ 北陸の演劇 ■
■ その他 ■

リンクの申請はこちらのフォームからお願いいたします。
※掲載は地域順・50音順です。
クリックすると開閉します。
(■→*→)

RSSリーダー

facebookからの情報が文字化けしており申し訳ございません。

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも一覧

OM-2日誌

この人とブロともになる

RSS & Bookmark


↑登録にお使い下さい

QRコード

copyright © 2017 劇団新人類人猿 all rights reserved.

Powered by FC2ブログ.

モバイルデータ端末